ベトナムの近代史

Chủ nhật - 29/10/2017 22:10
ベトナムといえば、フォー、生春巻き、アオザイ、蓮、バイク・・・などなど今回は、経済発展真っ只中の国 【ベトナム】 について、首都ハノイ、商業都市ホーチミンを中心に最新の基本情報と魅力をお伝えします。
Fotolia 68234771 Subscription Monthly M 780x312
Fotolia 68234771 Subscription Monthly M 780x312
ベトナムの近代史
  • 1887年 フランスによる植民地化
  • 1945年 ベトナム独立宣言・南北に分裂
  • 1975年 ベトナム戦争終結、南北統一
  • 1986年 ドイモイ(経済開放)政策導入
  • 1995年 ASEAN加盟、アメリカとの国交回復
  • 2007年 WTO加盟
  • 2009年 日越EPA(自由貿易協定)発効

1975年まで戦争が続いており、その後の1986年のドイモイ政策の導入をきっかけに対外投資を呼び込み、経済発展をしていくようになりました。そういう意味では、ベトナムの経済発展はまだ30年ほどしか立っていないことになります。WTO加盟が最近ということもあり、発展の道半ばという段階でしょう。

ベトナムの人口構成

ベトナムの人口は8784万人で増加の傾向にあります。人口ピラミッドもほぼ綺麗なピラミッド形状になっておりますが10歳以下の人口は少々凹んでおり、長期的には少子化の懸念もあります。平均年齢は27.4歳で、日本の44.7歳と比べるともの凄く対照的です。実際に街を歩いていても若い人が多いです。

ベトナムの地理

ベトナムは南北に細長い形をしており、北は中国、東・南は南シナ海、西はラオス・カンボジアと接しています。地図を見ると、ベトナムは東南アジア地域の中心に位置しています。
ホーチミンから各国への所要時間は、タイ・カンボジアが1時間、シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ミャンマー・香港が2時間と、東南アジアであれば全て飛行機で2時間圏内です。また、南北に長く海に面しているため、港湾も多く物流も簡単です。更には、ベトナム中部の都市ダナンからラオス、タイ、ミャンマーと続く東西回廊という高規格道路の建設も始まっており、東南アジア各国へのアクセスは人、モノともに良好です。

ベトナムの気候

ベトナム北部は亜熱帯気候で四季があります。沖縄と同じ気候帯です。

ベトナム南部は熱帯モンスーン気候で気温は一年中ほぼ変わらず、雨季、乾季があります。

詳しくは「ベトナムの気候・服装ガイド」をご覧ください。

ベトナムの通貨

ベトナムの通貨はベトナムドン(VND)です。2013年3月現在1円=222ドン程度、1ドル=約21000ドンです。ドル・ドンの為替がほぼ固定されているため、円ドルの変動と同程度の変動があります。

紙幣は100,200,500,1000,2000,5000,10000,20000,50000,100000,200000,500000の紙幣が発行されています。この他に、5000ドン以下の額面で硬貨も発行されていますが、ほとんど流通しておらず、受け取ってもらえないことも多いです。500ドン以下の紙幣も同じく流通しておりません。お店の支払いなどでは1000ドン未満については切り上げられることが多いです。

なお、1万ドン以上の紙幣は全てポリマー(プラスチック)製になっておりますので、それ以外の紙幣は古く現在では使えません。お釣りなどで受け取らないよう注意しましょう。

ベトナムのビザ制度

ビザ制度についてはこちらをご覧ください。通常の観光の場合はビザ免除での入国になるでしょう。
 

ベトナムの基本情報について

インドと中国の間、インドシナ半島の東縁部を占める東南アジアの国。

北端から南端までは約1600km、

東西の幅は最もくびれた部分で50kmに狭まる、細長い社会主義共和制国家です。

ベトナムは、北部、中部、南部の3つの区域に分かれ、

北部には、政治・文化の中心である首都ハノイ

中部には、近年リゾート地として人気が高いダナン

南部には、ベトナム最大の商業都市ホーチミンがあります。

(各地域については、こちらの記事もチェック!

国名:ベトナム社会主義共和国(Socialist Republic of Viet Nam)

首都:ハノイ(Hanoi)

面積:32万9,241平方キロメートル

人口:約9,340万人(2015年時点、国連人口基金推計)

言語:ベトナム語

宗教:仏教、カトリック、カオダイ教他

通貨:ドン(VND)

(外務省サイト ベトナム基礎データ を元に作成)


政治・文化・伝統の街 首都ハノイについて

ベトナム北部に位置する首都ハノイは、1000年以上の長い歴史を持つ街です。

現在は、政治の中心地として、国会や官公庁などが国家の重要機関が集まります。

観光・商業分野では、ホーチミンに遅れをとっていましたが、

2008年の周辺都市との大規模合併を機に、人口が増加、インフラ整備など都市開発が進んでいます。

近年、日系企業や外資系企業の進出が増え、在住外国人も増加。

それに伴い、おしゃれなカフェや大型商業施設など都市開発が進んでいます。

また、開発が進む一方、文化・伝統の街として、

昔ながらのものを大事にしており、高層建築物の規制など、景観に関する規制があります。

そのため、湖や緑も多く、旧市街などの昔ながらの風景も残っており、

ベトナムの伝統的な風景を楽しめる魅力的な街となっています。


経済・商業の街 ホーチミンについて

ベトナム南部に位置するホーチミンは、

ベトナム最大の商業都市・観光都市として、ベトナム経済を牽引しています。

ホーチミンの前身は、フランス統治時代に植民地貿易地として発展した商業都市「サイゴン」。

ベトナム戦争を経て「ホーチミン」と改名されました。

現地では、現在でも「サイゴン」の名称を使う人が多く、その名に誇りをもっていることが分かります。

フランスの統治が長く続いていたこともあり、その街並みは、「東洋のパリ」や「プチパリ」と呼ばれます。

現在では、都市開発・経済発展が進み、

外資系ホテルや高層オフィスビル、大型商業施設、分譲マンションが建設されています。

フランス統治時代のクラシカルな建物と、現在のモダンな建物が融合している活気溢れる街です。


これからのベトナムと日系企業

国際協力銀行が実施した「2016年度海外直接投資アンケート調査結果」によると、

ベトナムは、有望事業展開先ランキングで、第4位を獲得しています。

さらに、中堅・中小企業に絞ると、その順位は第2位にまで上昇します。

(過去5年で一番高い得票率を獲得)

その理由は、

「現地マーケットの今後の成長性」が約75%で第1位と、

第2位の「安価な労働力」約42%を大きく引き離しています。

また、第3位の理由には「現地マーケットの現状規模」がランクイン。

これらのことから、日系企業の多くが労働力としてだけではなく、

ベトナム市場の大きさそして、その成長性に魅力を感じていることが伺えます。

Tác giả bài viết: TRINH VAN VIET

Chú ý: Việc đăng lại bài viết trên ở website hoặc các phương tiện truyền thông khác mà không ghi rõ nguồn http://jvhtech.net là vi phạm bản quyền

Tổng số điểm của bài viết là: 5 trong 1 đánh giá

Xếp hạng: 5 - 1 phiếu bầu
Click để đánh giá bài viết

  Ý kiến bạn đọc

Những tin cũ hơn

私たちが選ばれる理由

  1.試用期間をご用意 最大3ヶ月の試用期間を設けることができます。内定を出す前にお客様が遠隔から採用者と仕事をして、試す機会になります。場所は、弊社グループ会社のオフィスで、PCの貸し出し、また必要に応じて日本人サポートを入れることもできます。万が一、スキルが想定と違っている場合は、別の候補者を探します。   2.多彩な契約形態をご用意 通常の正社員だけでなく、有期雇用(1年)を前提とした採用活動も可能です。また人材紹介に加えて、人材紹介、紹介予定紹介、ラボ型開発、オフショア開発など、お客様のご要望に合わせて対応しています。 &nbs

アンケート

Lợi ích của phần mềm nguồn mở là gì?

統計
  • Đang truy cập16
  • Máy chủ tìm kiếm1
  • Khách viếng thăm15
  • Hôm nay12,215
  • Tháng hiện tại292,117
  • Tổng lượt truy cập1,618,705
Bạn đã không sử dụng Site, Bấm vào đây để duy trì trạng thái đăng nhập. Thời gian chờ: 60 giây